toggle
2016-09-05

小さすぎる花は、指先を添えてピントを合わせて撮るといい。

Share

直径5mm以下といった小さすぎる花、細すぎる茎にピントを合わせようとすると、背景にピントが合ってしまい、撮りたいものがきれいに撮れないことがあります。

そんなときは、手が届く範囲なら、指を撮りたい対象の近くにかざして、指先にピントを合わせましょう。

160904mizuhiki04

目の前にある小さい花、細い茎にピントを合わせたいとき

  1. 右手でカメラを構えながら、左手の指先を対象物の近くに持っていく。
  2. 指先にピントを合わせる。
  3. 左手をそっと外して、揺れなどが収まるのを確認してからシャッターを切る。

この方法でなら、スマホでも、また背景がごちゃっとしているときでも、比較的スムーズに欲しいところにピントが合います。ぜひおためしください。

スマホでの撮影例(FUJITSU EM01F)

早春のオオイヌノフグリ 2016.2.14 東京都港区・芝公園

早春のオオイヌノフグリ 2016.2.14 東京都港区・芝公園

スマホで撮ったものです(ノートリミング、無修正)。

港区芝公園で今年2月に行った「カメラで楽しむ公園散歩と自然観察・早春編」で撮りました。

この写真では、花よりも周囲の葉の方にピントが合ってしまっていますね。

 

早春のミチタネツケバナ 2016.2.14 東京都港区・芝公園

早春のミチタネツケバナ 2016.2.14 東京都港区・芝公園

これはかなりねらったところにピントが合っていて、株全体の特徴もつかめたと思います。

 

最近のスマホカメラはきれいに撮れるし、かなりマクロでもイケますので、ぜひ素敵な写真を撮って、自然観察にも役立ててくださいね。

 

【こちらもあわせてご覧ください】
たわめてみたら、なるほど「水引」だった。ミズヒキの花の秘密。
花だと思っていたらつぼみだった。ミズヒキの花の秘密。
港区エコプラザ「カメラで自然観察(in芝公園)」終了しました。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有のブログ Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

宮野真有の植物時間 Instagram
(★Instagram始めました。お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://www.instagram.com/miyanomayu/

Share
関連記事