toggle
2017-03-20

自分史執筆支援サービス「Writing Labo としつき」始めます。

Share

文章アドバイザー・自分史活用アドバイザーとして行っている、講座などのサービスに、新しい屋号をつけることにしました。

「Writing Labo としつき」。

ライティング・ラボ。和製英語ですが、書くことを研究してノウハウを共有したい、アドバイスしたいという思いから、こんな名前にしました。

「としつき」は、祖父が作った自分史本のタイトルからとりました。私にとって、家族や祖先を感じる言葉でもあり、私が思う自分史の「現在・過去・未来」を示す言葉でもあります。

プロのデザイナーに、ロゴも作ってもらいました。

ペンが樹になる。
言葉が、文章が力になり、未来に向かって積み重なる。
植物のように強くしなやかに存在する。

そんなイメージを、とても素敵なかたちにしていただきました。

ライターとして20年以上仕事をしてきた自分の、得意なこと、喜ばれることを、新たな仕事にしていきたいと思っています。

 

【こちらもあわせてご覧ください】

 


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有のブログ Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

宮野真有の植物時間 Instagram(お気軽にフォローどうぞ)
https://www.instagram.com/miyanomayu/

Share
Information
カメラで楽しむ公園散歩20190224
このブログを書いている人
profile001

宮野真有(みやの・まゆ)

東京都練馬区在住。フリーランスのフォトライター。

「楽しんで」「長く続けられる」「自分らしさが発揮できる」文章を大切に、教える・聞く・書くなどの文章関連のサービスを個人向けに行っています。

またブログでは、「植物」×「写真」×「文章」の3つをキーワードに、ベランダガーデニングや公園散歩の楽しみを発信しています。

関連記事