toggle
2016-10-05

やりたかったことがひとつ、かたちになりました。「マイプロフィール&ヒストリーBOOK」(仮)

Share

モニターの方にご協力いただき、「マイプロフィール&ヒストリーBOOK」(仮)の試作を行っています。最初の見通しより時間がかかりましたが、ひとつ、かたちになりました。

161005booklet

「インタビュー」×「プロフィール」×「あなたの本」サービス

これは、「自分史」の手法をもちいて、インタビューを行ってプロフィール文を作成し、さらにこれまでとこれからをまとめます……というサービスとして考えています。

当初は原稿執筆をメインとして考えていましたが、冊子にしてお渡しすることで、さらに利用のシーンが広がるのではと考え、希望される方に冊子を作成することにしました。

小さいながら、世界で1冊のあなたの本ができあがります。

自分で読み返せる、自分が語った自分の言葉

原稿は、お話しいただいた内容を整理し、読みやすく編集を行い、第三者が読んでもわかるよう、客観的にかつ短くまとめています。

「私、文章を書くのが苦手で」という方でも、対面で質問されたら、話すことならできるという方は多いのです。

それを文章化して、読み返すことができたら、記録としてプロフィール原稿として、役にたつのではないかと考えました。

また、自分が選んだ相手に、冊子を見せて読んでもらうこともできます。自分の仕事歴・活動歴や、仕事についての思いなどを、話すより早く、深く、自分の言葉で伝えることができます。

プロフィール原稿を実際に使っていただきました

今回ご協力いただいたのは、栃木県宇都宮市在住の和み系お片づけアドバイザー・直感イメージイラストレーターの金澤美和さんです。

サイト http://nagominokurasi.jimdo.com/
ブログ http://ameblo.jp/minotakegurasi/

今回、このサービスで執筆した原稿の一部「ロングプロフィール」を、サイトの自己紹介でご使用いただきました。

しかし、まだまだ課題があります

思っていたより作業が重く、時間がかかりすぎて、いろいろ考えるべき課題があるのがわかりました。

もろもろ詰めて、正式サービス化を目指していますが、まだ先のことになりそうです。今回のモニターサービスで、いろいろ見定めたいと思っています。

でも、「こういうものを作ってみたかった」というものをひとまずかたちにできたことは、とてもありがたく、うれしく思っています。モニターを受けてくださった方には、本当に感謝しています!

また、実際手にとれるかたちにしたことで、「今度、こんなときに人に見せようと思います」という感想をいただき、冊子の活用の可能性を感じました。

もっと安定してサービスをお送りできるように。
もっとお役に立ち、喜んでいただけるように。
引き続き、いろいろ考え、改善を重ねつつ実践してみようと思っています。

 

【こちらもあわせてご覧ください】
こんな本を作りたい! 心に響いた「自分史」本
自分をふりかえる・知る・つながる。「自分史」は未来への道標。
自分に自信がないからこそ、自分史を書いてみるという選択。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有のブログ Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

宮野真有の植物時間 Instagram
(★Instagram始めました。お気軽にフォローどうぞ)
https://www.instagram.com/miyanomayu/

Share
関連記事