toggle
2015-08-15

奇妙奇天烈な植物がいっぱい。(ウルトラ植物博覧会)

Share

ポーラミュージアム アネックス(東京都中央区銀座)で開催中の「ウルトラ植物博覧会」に行ってきました。なかなか見られないおもしろ植物がいっぱい。場内は老若男女で思ったよりにぎわっていて、みんなとても興味深げに見ていました。

ウルトラ植物博覧会 2015.8.14 東京都中央区・ポーラ ミュージアム アネックス

ウルトラ植物博覧会 2015.8.14 東京都中央区・ポーラ ミュージアム アネックス

世界中から珍しい植物を仕入れてくるプランツハンター、西畠清順氏が、この展覧会のために集めた約50種の希少植物を展示しています。

入場は無料。パンフレットも無料配布(ネットからもPDFをダウンロードできます)。こうした企画では珍しく、写真撮影OK、ネットにアップOK。まずは見てほしい、知ってほしい、楽しんでほしいという姿勢を感じました。

 

獅子をも殺す!?「ライオン殺し」

ultraplants07今回一番おもしろかったのがこれ。
「ライオンゴロシ(ライオン殺し)」の実。分布国:南アフリカ 学名:Harpagophytum procumbens

植物には、種子を落下させてばらまくもの、風に乗せて飛ばすもの、鳥や獣に食べてもらって移動するものなど、いろいろありますが、これはなんと獣に食い込んで広がるというもの。

この実を踏んだり、毛にからんだのをライオンがとろうとすると、口に釣り針のように食い込んで、エサが食べられなくなって餓死。その肉を肥料として育つそうです。直径わずか6−7cmの悪魔のまきびし。どんな悪意……もとい、生存戦略でこんなかたちに進化しえたのか、植物の神様に聞いてみたいものです。

 

なまめかしい!「フタゴヤシ」

ultraplants06まじまじと見てしまったのはこれ。
「フタゴヤシ」の種子。分布国:セーシェル 学名:Lodoicea maldivica

何度見しても女性のおしりそのもののかたちをしています。
しかも大きさもちょうどそれくらいです。偶然にしてもほどがあります。
世界一大きな種といわれているそうです。

 

幹に実がポコポコ「ジャボチカバ」

ultraplants05

どうして幹に直接、丸々と実が実っているのか?
「ジャボチカバ」の木。分布国:ブラジル 学名:Myrciaria cauliflor
非常においしい実ということなので、すごく食べてみたかったんですが我慢しました。

 

巨木の風格を盆栽に「バオバブ」

ultraplants01

『星の王子様』にも登場した、日本で観葉植物としても流通している「バオバブ」の木。分布国:マダガスカル 学名:Adansonia sp.
これは、雄大な木の姿を小さなサイズに凝縮した盆栽仕立て。なんとも味わいのある姿をしています。
一体この姿に仕立てるのに何年かかったのか知りたいです。

 

トゲもハートも抱きしめて!「太二つ葉金棒」

ultraplants02

まさに金棒のようなトゲトゲ!
「フトフタツバカナボウ(太二つ葉金棒)」。分布国:マダガスカル 学名:Alluaudia ascendens
こんな怖いナリして、よく見ると葉っぱが小さなハート型というギャップに、心射抜かれます。
類似のカナボウノキは、東京農大の「食と農」の博物館のバイオリウム(温室)でも見られます。

 

〝ガメラ〟と呼びたい「メキシコ亀甲竜」

ultraplants03

今回一番気に入ったのはこれ。「ガメラ」と愛称をつけました。
「メキシコキッコウリュウ(メキシコ亀甲竜)」。分布国:メキシコ 学名:Dioscorea macrostachya
このひびわれた木質の塊、どうやら〝イモ〟らしいんですね。そこから、数メートルもあるつたがニュルニュルと伸びている。すごいスピードで伸びるそうです。ワケわからないフリーダムなそのかたちが素敵です。

 

会場には、そんなこんなの珍しい植物がいっぱいです。まずは気分の赴くままに珍奇な姿の植物を片っ端から見てまわり、ひととおり済んでから、パンフレットの説明を読みつつ、ひとつひとつを改めて見ていきました。

ビルの1階のウインドウにも、植物が展示されています。

 

ウィンドウを飾るアート「パラボラッチョ」と「ディクソニア」

ultraplants08

右が、別名「酔っ払いの木」と呼ばれる「パラボラッチョ」(トックリキワタ)。分布国:アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル 学名:Chorisia speciosa
木の下のほうがデブーンとふくれる姿が、酔っ払いのおっさんの腹みたいだから、「酔っ払いの木」なんですって。

左が、「ディクソニア」。分布国:オーストラリア 学名:Dicksonia antarctica
約4億年前、海から上がった植物が始めて巨大化に成功したのが、この木性シダの仲間。太古の地球のおもかげを残す植物で、こんな葉っぱを恐竜たちは食べていたんだそうです。

 

とても珍しい植物が見られるのは、明日8月16日(日)まで。7月3日(金)からの開催なので、中には、スタート時はもうちょっと青々と元気だったかも……という植物もありましたが、すべりこみで見られてよかった。

プランツハンター、西畠清順氏が庭をプロデュースした商業施設「代々木ヴィレッジ」には、やはり変わった個性豊かな植物が植わっているとか。行ってみたいものです。

 


Spot Data

ポーラ ミュージアム アネックス

ultraplants09
公式サイト http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html
場所 東京都中央区銀座 ポーラ銀座ビル3階
アクセス
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口徒歩6分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口すぐ
JR有楽町駅 京橋口改札徒歩5分
会館時間 11時から20時まで(入場は19時30分まで)
休館日 会期中無休
入場料 無料

 


Information

東洋文庫アカデミア「文章が苦手な人のための『自分史』入門」

ac_150806

自分史を書くことは、自分という人間の棚卸しを行い、新たな自分を発見する作業であり、過去の歴史や過ぎ去った時代に関する学びや気づきも得られる作業です。ですが自分を客観的に見つめて文章を書くことは、ある程度文章に慣れた人でもなかなか難しいものです。この講座では、自分史を書きはじめる前に知っておきたい基礎知識について講義します。また、実際に手を動かして自分史年表を書いていただき、自分史執筆のきっかけを作ります。


Information

「宮野真有の文章術レッスン」

lesson_e

あなたの思いをかたちにする文章、お手伝いします。
対面で行う個人レッスンの受講希望者を募集しています。
都内にて随時。日時と場所は、ご相談の上で決めます。
無料コースと有料コースあり。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事