toggle
2015-03-05

文章を書くためのヒント002:ミニマム。

Share

文章が苦手で書きあぐねている人のために、「思いをかたちにする文章」を書くヒントをご紹介しています。

短い文章も長い文章も、ブログも小学生の作文もプロのライティングもスピーチ原稿も、「ミニマム」「広げる」「削る」の3つのステップで、きれいにまとめることができます。「書くのが苦手だなあ」と思っている人は、ぜひやってみてください。

今回のキーワードは「ミニマム」です。

伊予柑、八朔、金柑 2015.03.04 東京都練馬区

伊予柑、八朔、金柑 2015.03.04 東京都練馬区

 

書きたいことがたくさんありすぎると、これまたなかなか書けなくなります。また、買いてはみたものの、話があっちやこっちにいって、今ひとつスッキリしないと感じることも。

勢いのある迷走っぷりは、文章の味わいでもあります。特に個人の色が強く出ているブログ記事では、読んでいる人もむしろそこを楽しんでいたりするので、「長文あっちこっち」が一概に悪い文章とは思いません。

でも勢いがなくてダラダラ長い文章は、読みにくいものです。本当に言いたいことが伝わらなかったり、そもそも「つまらなそう」「わけわかんない」と読んですらもらえない場合もあります。

そんな文章にならないよう、書きはじめるときはまず、これから書く文章の中で一番言いたいことを「ミニマム」に、つまり最小限、これ以上ないというくらいシンプルな言葉でまとめてみましょう。

そうすると、文章の行き先がはっきり見えて、書いている途中に迷子になることがなくなります。

 

「文章を書くためのヒント001:等身大。」のドリル001の例文のひとつ、

私は、春が来るのを楽しみにしている。

を例にしてみます。

まず、この文章をとっかかりに、書けそうなことを思いつくまま、なんのひねりもなく大まかに書いてみます。

私は、春が来るのを楽しみにしている。春には好きな花がたくさん咲く。梅、桃、桜、ユキヤナギ、コブシ、ボケ、レンギョウ、スノードロップ、チューリップ、クロッカス。ほかにもたくさん。桜が咲き始めて、いろんな花がいっぺんに咲き出すと、目が回りそうになる。

こんな感じで好きな花のことを片っ端から語っていくのもいいでしょう、でも、どうもぼやっとしていると感じたり、散漫になりそうな気がしたら、もう少し書くことを「小さく」してみます。できれば1行で語れるぐらいに。

思い切って、最初に考えたことのほんの一部分だけを取り出すのも手です。好きな花はたくさんあるけれど、「今回は」桜にしぼることにします。

私は春の花の中で、桜を一番楽しみにしている。

これで書きはじめてもよさそうですが、さらにぐぐっと自分の心に寄ってみましょう。

それはなぜ? 一番言いたいことはそれでいいのか? 自分の気持ちをよく見つめて、もうひと声、さらに思い切って縮めてみます。

桜は春の花の王者だ。

ちょっと縮めすぎでしょうか? でも、これでかなりミニマムになりました。

文章の道標となる、この「ミニマムな一文」は結構重要です。これに勢いとインパクトがあったら、もうそれだけで、ここから書く文章は「強い印象を残す、いい文章」になります。

もう主語は「私」ではなく、ほかの誰かでも書ける文章のようにも見えます。けれどこれはまぎれもなく、自分の感覚から生まれた自分の言葉。自信を持って書き進められるはずです。

次回、これを元に、ブログ記事用に短めの文章を書いてみることにします。

 


《ドリル002》
あなたがこれから書きたいと思っている文章で一番言いたいことを、ズバッと1行で書いてみましょう。

(例)

  • 初めての写真展をやるので、みんな来てね。
  • とても微笑ましい親子の話を聞いてほしい。
  • 私が作っているスムージーの材料の選び方、3つのポイント。
  • 中学時代の体験が、今の私を作った。
  • ウチの猫は、世界一カワイイ。

 

個人ブログではなく、宣伝を目的としたショップのブログなどの場合は、「うちのショップ」が主語でもいいでしょう。その場合でも、ブログ担当者としての「私」の視点をあえて出すようにすると、文章がぐっと生きた、親しみやすいものになってきます。

長い文章を書く場合は、この「ミニマム」がプロットや構成メモになります。それでも、考え方はほとんど変わりません。

 

では、また。

 


Information

「宮野真有の文章術レッスン」
150227resume_e
あなたの思いをかたちにする文章、お手伝いします。
対面で行う個人レッスンの受講希望者を募集しています。
都内にて随時。日時と場所は、ご相談の上で決めます。
無料コースと有料コースあり。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事