toggle
2015-11-08

まっかな秋の六義園。(ハゼノキ、ほか)

Share

秋深まり、季節の主役はどんぐりからまっかな紅葉(こうよう)へ移りつつあります。駒込の六義園で、そんな秋のひとひらを写真に収めてきました。

天気はあいにくのくもりでしたが、秋らしいまっかな木々の色は、くもり空の下でも美しく映えます。

 

まっかな秋

ハゼノキ、クスノキ、ケヤキの葉など 2015.11.07 東京都文京区・六義園

ハゼノキ、クスノキ、ケヤキの葉など 2015.11.07 東京都文京区・六義園

最近、散歩しながらきれいな赤い葉っぱを拾うのがマイブームです。

紅葉の真紅の美しさは、うつりゆく一瞬の姿です。ながめても持ち帰っても、一日もすればただの枯れた葉っぱになってしまいます。それをなんとか少しでもとどめて残すことはできないかと、写真に撮ったり押し葉にしてみたりしています。

写真は、真ん中がハゼノキ。下がクスノキ。右がケヤキ。そのほかは不明。

クスノキは常緑樹なのに、なぜだか照り照りとつやのある真っ赤な葉っぱがよく落ちているのが不思議です。

 

ハゼノキが見頃

151107rikugien1

今、見頃なのはハゼノキです。
10月から園内でも早い時期から赤くなりはじめていましたが、今がまっかで見事です。

 

151107rikugien5

放射状に広がる葉が、傘のようです。

鳥の羽のようにひとつの軸の左右に葉が並んでつくこのかたちを、羽状複葉(うじょうふくよう)と言います。先っぽに1枚ついているので、奇数羽状複葉です。

 

151107rikugien3

ハゼノキの紅葉が目当てなのか、来園者も随分増えています。この先、モミジが終わるまではオンシーズンですね。

 

モミジはまだ青々と

151107rikugien9

六義園では毎年、モミジのライトアップが行われますが、その主役のモミジはまだまだこんな感じ。大方が青々としています。

 

151107rikugien7

赤く見えるのは、種子ばかり。たぶんオオモミジです。

早く赤くなあれ!

 

151107rikugien10

園内のマツの雪吊(ゆきつり)やこも巻きも、すでに行われていました。冬支度が着々と進んでいます。
2015年、今年の六義園のモミジのライトアップは、11月19日(木)〜12月6日(日)9:00〜21:00(最終入園は20:30)です。

あと2週間弱。その頃にはもう大分寒くなっているんでしょうね。

皆様、季節柄風邪などひかないよう、お気をつけておすごしください。

 


Spot Data

六義園

公式サイト http://www.toyo-bunko.or.jp
151107rikugien2
公式サイト http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index031.html
場所 東京都文京区本駒込6丁目
アクセス
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分
季節の花
3月にしだれ桜のライトアップ、11月下旬〜12月上旬に紅葉のライトアップが行われる。ツツジ、サツキ、アジサイも見頃には美しい。
備考
文学に造詣が深く風流で知られた柳沢吉保が自ら設計した「回遊式築山泉水庭園」。五代将軍・徳川綱吉から下屋敷として与えられた駒込の地に造り上げた。明治時代に、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となったのちに、東京市に寄付されて一般公開された。小石川後楽園ともども、東京の二大庭園に数えられる。
入園料 一般及び中学生 300円
開園時間 午前9時~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
定休日 年末・年始 (12月29日~翌年1月1日まで)

 


Information

2015年12月13日(日)、かさこ塾祭りに出展します。
title_kasakofes_960260
植物写真の展示、フォトブックなどの頒布を予定しています。よろしければお立ち寄りください。会場は東京都千代田区の「3331 Arts Chiyoda」、入場無料。出展者などの詳しい内容は、公式サイトおよび公式ブログでお知らせしています。

 


Information

「宮野真有の文章術レッスン」

lesson_e

あなたの思いをかたちにする文章、お手伝いします。
対面で行う個人レッスンの受講希望者を募集しています。
都内にて随時。日時と場所は、ご相談の上で決めます。
無料コースと有料コースあり。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事