toggle
2014-11-30

南国の花にも秋の実り。(ランタナ)

Share
ランタナ 2014.11.30 東京都練馬区

ランタナ 2014.11.30 東京都練馬区

時間が経つとともに色が変わる、鮮やかな花を咲かせる南アメリカ原産の帰化植物・ランタナ。
その姿形から南国の花というイメージが強かったのですが、どっこい東京でも普通に地植えで生い茂っています。
朝夕冷え込んできたこの時期にも、まだ元気に花を咲かせています。

そのランタナに、黒い実がついていました。

141130lantana2

指先でつぶしてみると、中に大きめの種がありますが、ぷちっと果汁を出してつぶれます。木イチゴみたいで、一見したところなんだかおいしそう。
……ですが調べたところ、有毒とのことなので、食べないようにお願いします!
種を噛み砕くと有毒ですが、種を丸呑みする鳥類には無毒のようです。

141130lantana3

咲き終わって花が落ちると、めしべのつけねの子房と呼ばれるところが、次第に大きく丸くふくらんできます。

141130lantana4

膨らんだ子房は実となって、緑色につぶつぶと大きく丸くなります

141130lantana5

そして黒く熟していきます。

この黒い実は甘いのかおいしいのか?
自分で味見するかわりに、小鳥に聞いてみたいものです。

 

おまけ。
ランタナについて調べていたら、「世界の侵略的外来種ワースト100」に指定されていることを知りました。

この「世界の侵略的外来種ワースト100」は、国際自然保護連合(IUCN)の種の保全委員会が定めたもので、

哺乳類/鳥類・爬虫類・両生類//魚類/節足動物/軟体動物/その他の脊椎動物以外の有体腔動物/水生植物/陸上植物/微生物

を合わせて100が選定されています。
そのうちのひとつということなので、繁殖力が結構旺盛なのかも……!?

うーむ。「わーきれい」とばかりも言っていられないのかもしれません。数年後、あのあたり一体はランタナに覆いつくされているかも!?

もし、あまり植えてもいないところにランタナが生えてきた場合は、早めに真剣に対処したほうがいいかもしれません。

Share
関連記事