toggle
2014-11-14

バラの豆知識004:DNAのイタズラ「枝変わり」。

Share
シュネー・プリンセス(ポリアンサ・ローズ) 2014.10.13 東京都練馬区

シュネー・プリンセス(ポリアンサ・ローズ) 2014.10.13 東京都練馬区

今年、我が家で咲いた不思議な花。
白いポリアンサ・ローズのシュネー・プリンセスに、赤白、ツートンカラーの花がつきました。

気温のせい? それとも肥料の加減?
バラ好きな知人に話したところ、「それはDNAのなせるわざよ」と言われました。

なるほど、これが「枝変わり」というものか……。

枝変わりとは、「植物のある枝だけに関して、新芽・葉・花・果実 などが、成長点の突然変異などによって、その個体が持っている遺伝形質とは違うもの を生じる現象」(Wikipedia)とあります。

私が好きなカップ咲きのポリアンサ・ローズ、白いシュネー・プリンセスは、バラ図鑑に、紅色の「ディック・コスター」というバラの「枝変わり品種」と書かれています。
枝変わりってなんだ? そんな、同じ木の違う枝に違う色の花が咲くなんてことが……

あるもんかと思っていましたが、どうやらあるらしい。

ディック・コスターはまさに、こんな色のカップ咲きの紅バラです。
そうするとこれは、部分的先祖返りとでもいうべきかもしれませんね。

ん? そうするとこの枝を切って土に挿したら、ツートンカラーのバラの花が咲く新品種ができたりして!?
……まあ、突然変異は突然変異なので、そんな簡単に定着するとも思えないんですが。

四季咲きのバラは、いつもまったく同じ色かたちの花が咲くとは限りません。季節やDNAのイタズラによる、その変化もまた楽しいものです。

 

忙しくしている間に秋バラのシーズン10月が過ぎてしまい、ちょっとしょんぼりしています。
でもしょげてるヒマはありません。
そろそろ平地でも木々がきれいに色づいて、紅葉の最盛期が目前です。

 


kasakofes
★お知らせ☆
大人の文化祭「かさこ塾祭り」に、ライターとして参加。インタビュー・ショーを行います。よろしければぜひおいでください。料金無料、出入り自由ですが、あまり広い部屋ではないため、確実にお席をとりたい方は、こちらのフォームから事前にお申し込みください(先着順)。
かさこ塾祭り Facebook ホームページ
2014年11月15日(土)、16日(日)開催
会場/レンタルスペース・スリービー(東京都練馬区関町東1-21-18)
入場無料、出入り自由

宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事