toggle
2015-08-24

データは、次の行動に踏み出すための足がかり。(Googleアナリティクス入門)

Share
 Googleアナリティクス講座 2015.8.23 東京都文京区

Googleアナリティクス講座 2015.8.23 東京都文京区

かさこ塾で同期のばばっちが講師デビューする講座「ばばっち式グーグルアナリティクス 入門編」に参加してきました。

講座の詳しいことはこちらに掲載されています。
「【入門】アクセスUPにつなげるグーグルアナリティクス解析術」
https://www.street-academy.com/myclass/5495

ばばっちのブログ
「35歳のウェブ解析士_ばばっちの開業日記」http://babacchibl.exblog.jp

 

高機能だけどややこしすぎる!?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するサイトやブログのアクセス解析サービス。非常に細かくデータがとれて、信頼性も高いのですが、初心者にとっては細かすぎるのが問題で、使いにくいところがあります。

私は5年ほど前に、プライベートなブログに導入してみたことがあったんですが、さほどアクセスアップを期待していない趣味のブログでは面倒くさいだけであまり意味がなく、もっと簡潔で見やすい別のアクセス解析に戻してしまいました。

現在は、ブログ「植物時間」のアクセスを伸ばしていきたいと思っていることもあり、「今なら役に立つかも!」と期待して、受けてきたわけです。

講義の結果、入門編だけあって基本的なことが理解でき、自分の今後にも役に立ちそうだということがわかりました。

また、ブログを通じて、何を実現したいのか。私はまだそのあたりが、どうもふわっとしたままです。でもその先のこと、続けていった先に理想として目指すもののことを考えさせられることに。

早速、Googleアナリティクスを導入しました。

 

データは、次の行動の役に立てるためにある

Googleアナリティクスの何を見るか、どう使うかという話を聞いて、「これはいろんなことに共通するやり方だな」と思いました。

たとえば、家計の収支のチェック。限られた収入の中で無駄な出費を減らし、使いたいことにお金を使うためには、まず家計簿をつけることが必要です。今どういうお金の使い方をしているかがわからなければ、対策の立てようもありません。現状がわかったら、目指す理想の収支に収めるべく、対策を立てられます。データはその基本です。

たとえば、ダイエット。体重や体脂肪、スリーサイズなどのデータを記録することで、実際どの程度ダイエットの必要があるのか、自分がやっているダイエットの効果が出ているのか、どこまで続け、頑張るのかがわかり、次の行動が決められます。

ほかに数値化できるものに何があるでしょう? 時間があります。私は時間を読むのが苦手ですが、それでも仕事に関わることで、何にどれだけ時間がかかっているのかをメモするようにしてみたら、時間のやりくりがしやすくなりました。

数字はごまかしようもなく真実を語り、それゆえに残酷なもの。でもだからこそ、事実を直視し、次に進む力を与えてくれるものでもあります。そう考えれば、残酷ではなく、正直で誠実な相棒ともいえそう。

しばらくの間は、Googleアナリティクスが書き出す私のブログの真実と、にらめっこしてみようと思います。

 


Information

東洋文庫アカデミア「文章が苦手な人のための『自分史』入門」

ac_150806

自分史を書くことは、自分という人間の棚卸しを行い、新たな自分を発見する作業であり、過去の歴史や過ぎ去った時代に関する学びや気づきも得られる作業です。ですが自分を客観的に見つめて文章を書くことは、ある程度文章に慣れた人でもなかなか難しいものです。この講座では、自分史を書きはじめる前に知っておきたい基礎知識について講義します。また、実際に手を動かして自分史年表を書いていただき、自分史執筆のきっかけを作ります。

 


Information

2015年冬、かさこ塾祭りに出展します。

title_kasakofes_960260
公式サイト。日時・会場などの詳細は順次発表予定です。

 


Information

「宮野真有の文章術レッスン」

lesson_e

あなたの思いをかたちにする文章、お手伝いします。
対面で行う個人レッスンの受講希望者を募集しています。
都内にて随時。日時と場所は、ご相談の上で決めます。
無料コースと有料コースあり。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事