toggle
2014-09-05

パッションフルーツを食す。

Share
パッションフルーツ 2014.9.4 東京都練馬区

パッションフルーツ 2014.9.4 東京都練馬区

東京都三宅島のお土産に、パッションフルーツをいただいて、甘い芳香ゆたかな南国フルーツを久々に味わいました。

パイナップルやマンゴーに比べると、パッションフルーツは「実際に食べてみた」人は比較的少なく、珍しい果物かもしれません。
香りがよく、甘酸っぱい味覚もすばらしいので、機会があればぜひ食べてみてください。

でも! 食べるのには時期の見極めが肝要です。

昔、初めてパッションフルーツを食べたときの感想は、「香りはいいけど、酸っぱいなあ〜」というものでした。
「ジャムやジュースに使われているのは知っているけど、レモンやかぼすのような風味付けに使われる果物であって、そのもの自体は酸っぱくて、生食には向かないのかな?」と。

それは大間違いでした。単に、十分に熟す前に食べてしまっていたのです。

7〜8年前にそれを教えてくれたのは、沖縄の北部やんばるにある、長寿の村として知られる大宜味村のおばあでした。
旅行で車で移動中、道の駅に立ち寄ったら、売っていたおばあから「今が旬だよ。おいしいよ!」と、パッションフルーツを勧められたんです。

「うーん、パッションフルーツは以前食べたんだけど、酸っぱくて……」
「それは、まだ熟してないから。十分熟したら甘いよ〜
「熟したのって、どれくらい?」
「これこれ!」

……と、おばあが差し出すパッションフルーツは、色が黒ずんでいてシワシワでゴワゴワ。正直、瑞々しくておいしそう! という感じではありません。

「本当?」
「本当! 約束するから。買ったらすぐ食べて。今が食べごろだよ!」

ならば、だまされたと思って……と買って、みんなでホテルで食べました。
これが甘かった。おいしかった……!

目からウロコでした。それ以来、果物に関しては認識を改めました。
もし、初めての果物を食べてみて味が今ひとつと思ったら、それは食べ時をまちがえたのかもしれません。
みかんやりんごのように、比較的よい食べごろが長く続く果物もあれば、食べごろの時間が短い果物もあるんです。追熟(ついじゅく)、大事

というわけで……

140904passionfruit01

食べごろのパッションフルーツ、こんな感じです。
沖縄で食べたのはもっと色が黒くて見栄えが悪かった気がします。
パッションフルーツは、見栄えが悪くなってからが食べごろです!
見分けるポイントは「香り」。
この状態で甘い香りが強く出ていたので、「そろそろかな?」と思ったら、まさに食べごろでした。

まっぷたつに切ると、こんな感じです。

140904passionfruit02

黒い種が、薄いオレンジ色の果肉に包まれています。プチプチした種や、周辺を包む薄くて白いワタごとまるっと食べます。
スプーンをつっこんで、かきまぜて、そのまますくいとって全部食べてしまいましょう♪

140904passionfruit03

トロ〜リ。甘酸っぱくておいしい。そして香りがさわやか!

香りがたかく、風味が強いので、いろんなものに入れてもおいしそうです。
ヨーグルトにかけたり、お酒に入れるのもよさそう。

 


三宅島でもパッションフルーツが穫れるというのは、今回初めて知りました。
7〜9月の限定販売。各農家に直接連絡して、お取り寄せもできるようです。

ちなみに、農園に電話してうかがったところ、今年2014年のパッションフルーツはもう収穫が終わりだそうです。
例年だと9月まで販売しているのですが、暑くて雨が少なかった影響もあって花がつかず、今年は収穫量少なめ、販売期間も短めで終わったとか。

例年、収穫は6月半ば過ぎから始まるとのこと。でもやはりオススメは、旬のシーズン!

「7月始めに三宅島に来ていただくと、たわわに実ったパッションフルーツが見られますよ!」(東山農園・前田洋一さん)

パッションフルーツの生産は三宅島以外、八丈島・大島・新島・神津島・小笠原諸島でも行われているそうです。
行きたくなります、東京の島観光♪

 


▼三宅島の「パッションフルーツ生産部会」の代表を務めているのがこちらの農園。三宅島のパッションフルーツについてお尋ねするならこちらへ。

三宅島 東山農園
代表/前田洋一
住所/〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古111

販売時期は、例年7〜9月限定。東山農園での受注は、電話・FAX・携帯電話で受け付けています。
電話・FAX/04994-8-5815
携帯 090-7802-3546

※2014年の販売は終了しました。


▼今回いただいたパッションフルーツは、以下の農園のものでした。おいしかったです!

三宅島 つばき林麓農園
代表/塩田冬彦
住所/〒100-1101 東京都三宅島三宅村神着1564

販売時期は、例年7〜9月限定。つばき林麓農園での受注は、FAXか携帯電話で受け付けています。
FAX/04994-2-1145
携帯 080-2245-8957

また、つばき林麓農園では、ヤフーショッピングにストアを開設しています。
「ネットから気軽にご注文いただけます。来季からの三宅島パッションフルーツのご注文に、ぜひご利用ください」(つばき林麓農園・塩田冬彦さん)

http://store.shopping.yahoo.co.jp/camelliawoods

※2014年の販売は終了しました。


 

Share
関連記事