toggle
2016-10-22

「足もみ」×「おしゃべり」→「お悩み相談」っておもしろい!(Relax Room H(仮))

Share

開業予定のフットリフレクソロジーのモニターを体験してきました。これがなかなかユニークで、しかも心地いいサービスだったのでご紹介します。

161022footcare

ユニークな「おしゃべり」つき「台湾式フットリフレクソロジー」

フットリフレクソロジーで開業予定なのは、知人の田中ひとみさん。「体験にきてね」といわれて、指圧・マッサージ好きの私は、さっそく行ってきました。

このサービスのユニークなところは、足をもんでもらいながら、おしゃべりするのが前提なところです。

【参考】(別サイトへ)
リフレクソロジーの効能 (体験空き状況) – 癒しの空間 Relax Room H(仮)

あなたは、美容院やマッサージで、美容師や施術者と話をしたいほうですか?

私は、無言も気詰まりなので半分くらいは話したいけれど、あとの半分はだまって心地よく放っておいてほしい、というか、ときには寝落ちもしちゃうほうです。

なので、「おしゃべりつき足もみって、どうなのかなあ?」と思いつつ、体験しました。

距離感が絶妙な心地いい時間

結論からいいますと、考えていたよりずっと心地よかったです、「おしゃべりつき足もみ」。

田中さんは、明るく気さくで会話好きな方。声のトーンや話し方は穏やかで、話をよく受け止めてくださり、やりとりが心地よく、うるさかったり話に困るということがありません。

そして、「足をもまれながら会話をする」って、なかなか絶妙な距離感なのに気づきました。

美容院だと、頭をいじられながらなので、かなり距離が近い。
マッサージや整体だと、うつぶせでボディをやってもらうと、互いの顔が見えないし、くつろぎ(すぎ)モードになりやすい。

それが足もみだと、こちらはリラックスチェアに身体をゆったり預け、正面を向いて、足をもんでくださる方と対面で顔を合わせてお話しできます。

施術者も、こちらの目を見て、反応をしっかり見ながら、手はしっかり足をもみほぐしつつ、会話をするということができます。

そして、距離は足の長さ分離れていて、近すぎず、遠すぎない。世間話で、なんということもないおしゃべりを楽しんでもいいし、最近考えていること、小さな愚痴や悩みをちょっとお話ししてみたくなったりもします。

「カウンセラー」としてお悩み相談承ります

実は田中さん、リフレクソロジーは本当にやりたいことのためにきっかけづくりなのだそうです。

めざしているのは、「フットリフレクソロジーのできるカウンセラー」。

離婚カウンセラー、終活カウンセラーの資格を持っていて、結婚生活に悩む方、終活について考えたい方の相談にのりたいというのが、田中さんのやりたいことだそうです。しかし、悩みがある人にとって、初めてのカウンセラーにいきなり相談にいって話をするのは、かなり思い切りがいります。

まずはリフレクソロジーに来てもらい、足をもんで身体がほぐれたところで、気が向いたらお悩みを話していただく。信頼できるなと感じたら、くりかえし来てもらう。そんな関係づくりを目指しているそうです。

キャッチフレーズは「身体も心もデトックス」。なるほど!

体験者の感想をいうと、確かにフットケアで血の巡りがよくなって身体が、そしておしゃべりすることで心が、スッキリします。「話してください」なんてひとこともいわれていないのに、ついつい口が軽くなります。

この組み合わせ、もしかして最強じゃないかしら?

足が〝お姫さま〟みたい♪

もちろん、足もみの効果は心地よくてバッチリ。

入念にもんでいただいて、座ったまんまで全身がポカポカ。丁重に扱われて、足の指の1本1本まで丹念にもみほぐしてもらって、いつも地面近くで身体の重みに耐えて働かされている自分の足が、「今日はお姫さまみたい……!」と思いました。

台湾式リフレクソロジーは、痛いことで知られていますが、痛くてもいいからよーく効くやつか、あまり痛まないようお手柔らかにか、希望で加減してもらえます。

また、とってもよく効くので、こんなところに注意が必要とのことです。

  • 血流が活発になるので、施術直前の食事、施術前後の飲酒は控える。
  • 施術後、小水の量・回数が増える。

 

現在はまだ体験利用のみのため、直接の知人かその同伴者を対象といるそうですが、いずれ開業予定とのことですので、「行ってみたいな」と思われる方はぜひ、田中さんのブログをチェックしてくださいね。

癒しの空間 Relax Room H(仮)
http://ameblo.jp/relaxroom-h/

 

【こちらもあわせてご覧ください】
普通のおうちに「パリスタイル」のブーケが来たら、こうなった!(KOLME・フラワーレッスン)


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有のブログ Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

宮野真有の植物時間 Instagram
(★Instagram始めました。お気軽にフォローどうぞ)
https://www.instagram.com/miyanomayu/

Share
関連記事