toggle
2016-01-25

現在の「文章術レッスン」の受付は、1月末までで締め切ります。

Share

160125info

お知らせが続きます。

現在モニタ価格で提供している、以下の「文章術レッスン」が、当初予定していたモニタ数に達しましたので、1月末日で受付を終了します。

  • 無料レッスン(テキストなし、45分)
  • 有料レッスン(テキストあり、90分)
  • メールレッスン(有料レッスンの受講者対象)

文章術レッスンの詳しい内容はこちらです。

現在、受けることを検討している方は、1月31日(日)23:59までに、下記のフォームからお申し込みください。

文章術レッスン お問合せ・お申し込み用フォーム

気になること、確認したいことがありましたら、お申し込み前にメールなどでご確認ください。

 

すでにお申し込みいただいている方へ。

 

「無料レッスン」および「有料レッスン」について

1月25日(月)現在、いただいたすべてのお申し込み・お問い合わせには、お返事を差し上げています。

もし、「申し込み・問い合わせをしたけれど、返事がない」という方は、お手数ですが、再度お問い合わせください。メール、Facebook、Twitterから、いずれでもOKです。

「メールレッスン」をご利用中の方へ

すでにお申し込みいただいているメールレッスン(添削)については、2016年2月以降も有効です。半年後、7月末までをメドに、ご希望の記事の添削を随時お申し込みください。

 

文章術レッスンをやってみて。

昨年2月に、知人から文章について相談を受けたのをきっかけにスタートしたサービスですが、受講を希望してくださったお客様のタイプは二分されます。
書き始めたばかりの方と、かなり書き慣れたセミプロ級の方です。

まず、ブログなどを書き始めたばかりで、「うまく書けない」「どう書いたらいいんだろうか?」という方。こういう方には、思い込みのつまずき石を取り去ったり、たくさん書いていくための具体的な考え方を示しました。

そして、ブログが安定して続き、かなり書き慣れていて、「書けているけど何かが足りない気がする」「もっと自分らしさを出したい」という方。こういう方には、客観的な評価として、「あなたの文章の何が魅力か、何が足りないか」をお伝えして、今後考えるべき課題と、そのための方法を提案しました。

いずれも、完全に個人のお悩みや弱点にカスタマイズした、フラットな立場からのアドバイスが、受けていただいた方には好評でした。

また、アドバイスと同時に、「このアドバイスを反映すると、あなたのブログ記事はこう変わる」というのを、実際に赤字添削して見せることが、「とてもわかりやすい」と喜ばれました。

ただ、完全に個人カスタマイズの内容であるため、準備に時間が必要で、受けられる件数に限りがあるのが悩みの種でした。

 

今後の予定。

やはり私は、人が「文章を書く」のを支援したい。

それも、ブログに限らず「自分を表現し、伝え、残す」という作業をお手伝いしたい。能率よりも、ご自身のペースを大事にして、楽しんで長く続けていただきたい。

そう考えて、そのための新しいサービスを考えています。料金も変わります。

今のかたちの「文章術レッスン」は、一旦終了しますので、興味のある方は1月末までにお申し込みください。

レッスンを受けていただく日は、相談の上で決定します。無料レッスンは、1月末までにお申し込みいただいたものは2月中に終える予定です。有料レッスンは、お申し込みの件数が、もう少し先になる場合があります。

お気軽にご連絡ください。

 

【文章術レッスンのご感想です。】

Share
関連記事