toggle
2015-11-24

刻々と変わる姿。今までと違うものになっていく変化がおもしろい。(柿の落ち葉)

Share
カキ(柿)の葉 2015.11.19 東京都練馬区

カキ(柿)の葉 2015.11.19 東京都練馬区

紅葉した落ち葉は、赤く輝き、乾いて砕けて土に還ります。
姿が刻々と変わっていき、どの段階も美しく、驚きに満ちている。
これまでにない変化に満ちた葉っぱの姿を見つめていると、役目を終えていくように見えて、そうではないことに気づきます。よく考えてみたら、どんな姿になっても存在意義がなくなることはないのです。

 

葉っぱは〝平たく〟はない!

「押し葉」にハマって気がつきました。
植物の葉っぱは〝平たい〟ものだと思い込んでいましたが、それはまったくの誤りでした……!

葉っぱは元々〝平たい〟もの。だから、押し葉にするために紙の間にはさみこむのも、なんの造作もありません。
最初はそう思っていました。

しかし実際には、軸から先端まで真っ平らな葉っぱは、むしろ珍しいのです。

 

薄いけれども立体的な形状

落ち葉(左:サクラ、右:カキ) 東京都練馬区

落ち葉(左:サクラ、右:カキ) 東京都練馬区

サクラの葉は、かなり薄くて平たいほうです。でもこの写真で見ても(左側)、葉の付け根から先端までが、立体的な曲線を描いていて、波打ったりねじれているのがわかるでしょう。

この葉っぱを押し葉にするためにはねじったり、押しつぶしたりする必要があります。元々のこの形状を知っていると、押し葉にしたサクラの葉は、「ぺっちゃんこ」の、元の姿からは変容した形であることがわかります。

そして、カキ(柿)の葉っぱ(右側)。
さらりと薄くて軽いサクラの葉に比べると、葉の組織がどっしりと分厚くて、裏に細かいビロードのような毛がなめらかに生えている。その風格は、さながら高級な絨毯のようです。

全体のかたちを見ると、ふっくらと丸みを帯びてところどころがふくらみ、波打っています。厚みがある分、押しつぶすのには困難がありました。

 

乾燥に伴い、姿を変える

無理に紙の間にはさんだところ、つぶした端のところが破れてしまいました。破れた葉っぱはきれいな押し葉にならないと思い、紙にはさむのをやめて、棚の上に置いておきました。

すると、びっくり。落ち葉は時間とともに、見てわかるほど姿を変えていくのです。

拾ってきて48時間ほど経った姿が、このページの頭にある写真です。

二番目の写真の右側のカキの葉の2日後の姿です。乾燥が進み、不規則にひきつれて波打ち、固く縮んでいます。

やわらかみのなくなった、しかし組織がくっきりとそのままに残っている表目の肌理は、まるでなめされた革のような光沢と美しさがあります。

 

変化は続き、ここで終わりということはない

151119persimmon2落ちて、枯れていく葉っぱのこの、変容するどの瞬間も美しく、目を惹きつけるのが本当に不思議です。

乾ききった葉はやがて崩れ、破片になってかたちがなくなるわけですが、その変化さえおもしろいと感じます。

人の目に見えないところで、砕けて分解されて、ほかの生物を養い、葉っぱの存在意義は続いていきます。

「ただの落ち葉」「ただの枯れ葉」「ゴミ」と見て振り返らない人もいるでしょうが、この変わりゆく姿が、変わっていくからこそ瞬間瞬間に価値があり、興味深いと感じずにはいられません。

 

働きつづけた季節が終わり、役目を終えていくように見える時の在りようが、これまでにない変化に満ちていておもしろい……なんて見方は、うがちすぎでしょうか?

ゆっくりと下り坂を歩いているような今の自分の年代や、今後の時間も、意外なおもしろさに満ちているかもしれないじゃない? なんて思うのです。

 


Information

2015年12月13日(日)、かさこ塾祭りに出展します。
title_kasakofes_960260
植物写真の展示、フォトブックなどの頒布を予定しています。よろしければお立ち寄りください。会場は東京都千代田区の「3331 Arts Chiyoda」、入場無料。出展者などの詳しい内容は、公式サイトおよび公式ブログでお知らせしています。

 


Information

「宮野真有の文章術レッスン」

lesson_e

あなたの思いをかたちにする文章、お手伝いします。
対面で行う個人レッスンの受講希望者を募集しています。
都内にて随時。日時と場所は、ご相談の上で決めます。
無料コースと有料コースあり。


宮野真有ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/miyano_mayu

宮野真有Facebookページ(「いいね!」をするとブログの更新情報がタイムラインに届きます)
https://www.facebook.com/miyanomayu

Share
関連記事