toggle
2014-08-18

蝉時雨の下で。(アガパンサス)

Share
アガパンサス、セミの抜け殻 2014.8.16 東京都千代田区・日比谷公園

アガパンサス、セミの抜け殻 2014.8.16 東京都千代田区・日比谷公園

アジサイに少し遅れて花開く、6-7月の花アガパンサスが、枝豆のようにも見える袋状の実をつけていました。

近づいて見てみたら、セミの抜け殻があっちにもこっちにもついていました。
きっと羽化の条件のいい「場所」なんでしょうね。なんだかセミのマンションみたいです。
少し前の時期の朝早くに来ていたら、セミの脱皮を観察することもできたかもしれません。

周囲の木々の濃い緑からは、蝉時雨。今を盛りと力の限り鳴いています。
地下で数年を過ごして地上に出てきた彼らの命があとどれくらいか考えると、ちょっと切ない気持ちになりました。

もう少ししたら、秋の虫も鳴きはじめるでしょうか。
サクラの木やイチョウの木が、黄ばんだ葉っぱを落としはじめました。
立秋を越えて、ゆっくりと季節は秋に移っていきます。

週末に日比谷公園を歩いてきました。また写真を上げますね。

Share
Information
カメラで楽しむ公園散歩20190224

宮野が講師をつとめます。お申込は、リンク先の樹木・環境ネットワーク協会まで。

このブログを書いている人
profile001

宮野真有(みやの・まゆ)

東京都練馬区在住。フリーランスのフォトライター。

「楽しんで」「長く続けられる」「自分らしさが発揮できる」文章を大切に、教える・聞く・書くなどの文章関連のサービスを個人向けに行っています。

またブログでは、「植物」×「写真」×「文章」の3つをキーワードに、ベランダガーデニングや公園散歩の楽しみを発信しています。

関連記事